トルコ中央部にカンガルドックという種の犬がいる。

カラヴァシュの愛称で呼ばれるこの犬は、現地の意味で「黒頭」を意味する。

1000年も前からアナトリア高原に生き続けると言われるカンガルは、今もオオカミから家畜を守る。

戦えなくなった老犬は、街を徘徊してゆっくりと歩いている。

彼らの意思は、明確で勇敢だ。

現代の意味合いの中では、「犬」というより、もっと原始的な形容になるだろう。

荒野の野生。

黒い頭の獣。

その姿は、遠くの山々と淡く重なって、やがて陽とともに眠りにつく。

雪には、足跡だけが残っている。